気になる赤ちゃんの指しゃぶり。すぐに止めさせるべき?

2018年11月29日


赤ちゃんが指しゃぶりをすると、おなかがすいているのかと心配になるかもしれません。じつは新生児の指しゃぶりは健康な発育過程のひとつで、おなかがすいていることとは関係ありません。ここでは指しゃぶりが起こる理由について解説します。

指しゃぶりのはじまり

赤ちゃんが指を口に入れる行動を見て、おっぱいが足りないのかも? 不安やストレスがあるのかも? と心配するママも多いようですが、これは赤ちゃんの成長過程において普通に起こる現象だそうです。

エコー検査で胎児を調べたところ、指しゃぶりは、妊娠4カ月の終わり頃から行われていることが判明しています。胎児は、指の他にもいろいろなところに口を持っていって、唇で触れてみたり、舌で舐めたりしています。これは「探索反射」と呼ばれるもので、胎児期や新生児期の赤ちゃんに備わっている原始反射と呼ばれる反射反応のひとつです。体の感覚の中で口や舌の触覚が最初に発達するために、自分のまわりにあるものを知りたいと思ったときには口を使うということでしょう。つまり赤ちゃんは口を使って外の世界を学習しているというわけですね。

子育てタウンへようこそ

こんにちは!
子育てタウンです!

「子育てタウン」には、子育てするうえで知っておきたい行政サービスがいっぱい! 子育てにがんばるママやパパの役に立つよう、 できるだけわかりやすい言葉・表現でお伝えしています。 行政サービスを使いこなして、子育てをエンジョイしてください。

全国の子育てタウン 行政サービスをしらべる

子育て応援情報

全国の子育てタウン一覧