深夜業

労働基準法上の深夜労働とは、原則として22時から翌朝5時までの間に働いた時間のことを指します。
この深夜に労働させた場合には、会社は深夜労働に対する割増賃金(深夜勤務手当)を支払わなければなりません。その深夜労働に対する法定割増賃金率は2割5分となります。
また、深夜労働が所定労働時間外であれば、『 時間外勤務手当+時間単価×25パーセント×深夜労働時間 』により算出した賃金を支払わなければなりません。

この用語が使われている記事はこちら

子育てタウンへようこそ

こんにちは!
子育てタウンです!

「子育てタウン」には、子育てするうえで知っておきたい行政サービスがいっぱい! 子育てにがんばるママやパパの役に立つよう、 できるだけわかりやすい言葉・表現でお伝えしています。 行政サービスを使いこなして、子育てをエンジョイしてください。

全国の子育てタウン 行政サービスをしらべる

子育て応援情報

全国の子育てタウン一覧