有給休暇の時季変更権

有給休暇は原則として、労働者が指定した日(時季)に与えなければなりません。

その一方で会社には、指定された有給休暇を別の日に変更する権利が認められており、その権利のことを有給休暇の時季変更権といいます。
ただし、どんな場合でも時季変更権を行使できるわけではなく、「事業の正常な運営を妨げる場合」に限られています。
ここでいう「事業の正常な運営を妨げる場合」とは、有給休暇を取得する人以外に業務を担当することができないなど、業務に支障をきたす場合をいいます。単純に業務が忙しいからといった理由だけでは、時季変更権を行使することはできません。

この用語が使われている記事はこちら

子育てタウンへようこそ

こんにちは!
子育てタウンです!

「子育てタウン」には、子育てするうえで知っておきたい行政サービスがいっぱい! 子育てにがんばるママやパパの役に立つよう、 できるだけわかりやすい言葉・表現でお伝えしています。 行政サービスを使いこなして、子育てをエンジョイしてください。

全国の子育てタウン 行政サービスをしらべる

子育て応援情報

全国の子育てタウン一覧