産前産後休業

産前6週間(多胎妊娠の場合は14週間・いずれも女性が請求した場合に限ります)、産後8週間については、女性労働者を就業させることはできないという、労働基準法に基づく休業です。
産前6週間については、当該女性労働者からの請求が原則となりますので、出産日当日まで働くことも可能です。一方で産後については、8週間のうち6週間は必ず休業しなければなりませんが、6週間経過後は、女性労働者本人が請求し、医師が支障ないと認めた業務については就業が可能となります。

この用語が使われている記事はこちら

子育てタウンへようこそ

こんにちは!
子育てタウンです!

「子育てタウン」には、子育てするうえで知っておきたい行政サービスがいっぱい! 子育てにがんばるママやパパの役に立つよう、 できるだけわかりやすい言葉・表現でお伝えしています。 行政サービスを使いこなして、子育てをエンジョイしてください。

全国の子育てタウン 行政サービスをしらべる

子育て応援情報

全国の子育てタウン一覧