産科医療保障制度

産科医療保障制度は、下記を目的とした制度です。

  • 分娩に関連して発症した重度脳性まひの子どもと家族の経済的負担を補償すること
  • 原因分析を行うことにより、同じような事例の再発防止への情報提供を行い、紛争の防止・早期解決・産科医療の質の向上を図ること

この制度では、分娩機関が自らの医学的管理の下で取り扱った分娩において生まれた子供が、次の1~3の基準を全て満たし、「補償対象」として認定された場合に、補償金が支払われます。

  • (A)出生体重1400グラム以上かつ在胎週数32週以上、または在胎週数28週以上で低酸素状況を示す所定の要件を満たして出生したこと。
  • (B)先天性や新生児期の要因によらない脳性まひであること。
  • (C)身体障害者手帳1・2級相当の脳性まひであること。
  • 補償の対象と認定された子どもに対しては、看護・介護のために、一時金600万円と分割金2400万円(20年×120万円)、総額3000万円が補償金として支払われます。

    この用語が使われている記事はこちら

子育てタウンへようこそ

こんにちは!
子育てタウンです!

「子育てタウン」には、子育てするうえで知っておきたい行政サービスがいっぱい! 子育てにがんばるママやパパの役に立つよう、 できるだけわかりやすい言葉・表現でお伝えしています。 行政サービスを使いこなして、子育てをエンジョイしてください。

全国の子育てタウン 行政サービスをしらべる

子育て応援情報

全国の子育てタウン一覧