2019年4月から出産前後の国民年金保険料が免除となります!

2019年(平成31年)4月から、国民年金の第1号被保険者が出産した際に、出産前後の一定期間の国民年金保険料が免除される制度が始まります。
保険料免除が認められた期間は、年金額を計算する際に、保険料を納めた期間として扱われます。

手続きができるのは2019年4月1日からです。2019年2月1日以降に出産された方が対象となりますので、該当される方は忘れずに手続きをしましょう。

保険料免除の対象となる方

「国民年金の第1号被保険者」で出産日が2019年2月1日以降の方
※出産とは、妊娠85日(4か月)以上の出産をいいます。
(死産、流産、早産された方を含みます。)

保険料が免除される期間

おなかの赤ちゃんが1人(単胎妊娠)の場合

出産予定月の前月から出産予定月の翌々月までの4か月分の保険料が免除されます。
【例】8月に出産予定の場合、7月から10月までの4か月分が免除

●出産予定月と出産月が異なる場合
出産前に手続きした場合は出産予定月を基準とし、出産後に手続きする場合は出産月を基準とした期間が保険料免除の対象となります。
【例】出産予定は8月であったが、出産したのは9月だった場合
出産前に手続き:7月から10月までの4か月分が免除
出産後に手続き:8月から11月までの4か月分が免除

注意!ただし、本制度による保険料の免除は2019年4月分から開始となりますので、4か月分の免除になるのは、5月以降に出産される方からとなります。
2019年2月から4月までに出産される方の免除対象期間は各々下記の通りとなります。

  • 2019年2月に出産の方:4月分のみ
  • 2019年3月に出産の方:4月・5月の2か月分
  • 2019年4月に出産の方:4月から6月までの3か月分

おなかの赤ちゃんが2人以上(多胎妊娠)の場合

出産予定月の3か月前から翌々月までの6か月分の保険料が免除されます。
【例】8月に出産予定の場合、5月から10月までの6か月分が免除

●出産予定月と出産月が異なる場合
出産前に手続きした場合は出産予定月を基準とし、出産後に手続きする場合は出産月を基準とした期間が保険料免除の対象となります。
【例】出産予定は8月であったが、出産したのは9月だった場合
出産前に手続き:5月から10月までの6か月分が免除
出産後に手続き:6月から11月までの6か月分が免除

注意!ただし、本制度による保険料の免除は2019年4月分から開始となりますので、6か月分の免除になるのは、7月以降に出産される方からとなります。
2019年2月から4月までに出産される方の免除対象期間は各々下記の通りとなります。

  • 2019年2月に出産の方:4月分のみ
  • 2019年3月に出産の方:4月・5月の2か月分
  • 2019年4月に出産の方:4月から6月までの3か月分
  • 2019年5月に出産の方:4月から7月までの4か月分
  • 2019年6月に出産の方:4月から8月までの5か月分

保険料免除の申請方法について

国民年金保険料の免除を受けるには手続きが必要です。

申請できる人

対象となる方ご本人または代理人
※代理人の場合、委任状と代理人の本人確認ができる書類をご持参ください。

申請期日

出産予定日の6か月前から提出することができます。
(届出に期限はありませんが、できるだけ出産前に速やかに手続きしてください。)

注意!ただし、本制度の開始にあたっては、手続きができるのは2019年(平成31年)4月からです。

申請先

住民登録をしている市区町村の国民年金担当窓口へ申請書を提出してください。

申請書類

申請書は、2019年4月から年金事務所または市区町村の国民年金担当窓口にて入手できます。
また、下記の日本年金機構サイトからもダウンロードできる予定です。

平成31年4月から国民年金保険料の産前産後期間の免除制度が始まります(日本年金機構サイト)

問合せ先

お近くの年金事務所までお問合せください。

全国の相談・手続き窓口(日本年金機構サイト)

更新日:2019年1月8日

子育てタウンへようこそ

こんにちは!
子育てタウンです!

「子育てタウン」には、子育てするうえで知っておきたい行政サービスがいっぱい! 子育てにがんばるママやパパの役に立つよう、 できるだけわかりやすい言葉・表現でお伝えしています。 行政サービスを使いこなして、子育てをエンジョイしてください。

全国の子育てタウン 行政サービスをしらべる

子育て応援情報

全国の子育てタウン一覧