子どものお箸デビュー。いつから?どうやって?

2017年2月10日

子育てタウン_1701神01

子どもに伝えたい大事なマナーのひとつといえる「お箸」使い。小さいうちから正しい持ち方を教えてあげたいと思う一方、どうやってトレーニングを進めたらよいかわからないママも多いのでは。お箸トレーニングのはじめ時、トレーニングのコツなどを紹介します。

いつから始める?

3歳前後になると、ふと気が付くと周りの子がお箸を使っていたり、子ども用のお箸のパッケージに「2歳から」と書かれているのが目についたり。入園や進級のタイミングにあわせてお箸トレーニングを考えている方も多いのではないでしょうか。

お箸トレーニングを始める目安は、まずスプーンやフォークを鉛筆持ちできているか。スプーンやフォークをグーで握って使っている場合は、まずスプーンとフォークの持ち方を練習しましょう。次に、何より大切なのは、子どもがお箸に興味をもっていること。全く興味がないのに無理に練習を開始しても子どもにとっては苦痛なだけです。もし興味がない場合は、子どもと一緒にお箸を選び、毎日の食卓にスプーンやフォークに加えて子ども用のお箸を一緒に並べてみましょう。興味を持ったら始め時です。子どもによってタイミングが違うので、焦らず様子を見ながらスタートしましょう。

どうやって練習する?

お箸トレーニングのポイントは、最初は食事中に練習しない、2本持たせない、の2点だといわれています。いきなり食事中に練習すると、お箸が気になって食事が疎かになったり、楽しく食べることができなくなってしまいます。何か食べようとする度に注意されると気分が乗らなくなりますよね。最初は遊びの中で練習できるよう工夫してみましょう。

まずはお箸を一本だけ鉛筆のように持ち、親指、人差し指、中指で上下に動かす練習をします。練習するお箸は割りばしなど持ち合わせのお箸で大丈夫です。お箸に子どもが馴染まない場合は、鉛筆で練習しても良いかもしれません。上下に動かせるようになってきたら、もう一本を親指の付け根に沿って差し込み、上になっているお箸だけを上下に動かす練習をします。この方法で2本持てるようになったら、次に2から3cmにカットしたスポンジをお箸で挟んで違うお椀に移す練習をします。スポンジでなくても軽くて滑りにくく挟みやすいものであれば何でもOKです。この繰り返しでお箸の指使いに慣れるとともに、お箸を使うために必要な手の筋肉も鍛えられるそうです。

子育てタウンへようこそ

こんにちは!
子育てタウンです!

「子育てタウン」には、子育てするうえで知っておきたい行政サービスがいっぱい! 子育てにがんばるママやパパの役に立つよう、 できるだけわかりやすい言葉・表現でお伝えしています。 行政サービスを使いこなして、子育てをエンジョイしてください。

全国の子育てタウン 行政サービスをしらべる

子育て応援情報

全国の子育てタウン一覧