今使える支援を探そう!「新型コロナ対策支援ナビ」

保育園では就学前にどんなことが学べるの?

保育園では就学前にどんなことが学べるの?
保育園は子どもを預ける場所で教育とは関係ないと思われがちですが、集団で生活する環境で子どもに教えることはたくさんあります。意外と知られていない保育園と保育士さんが担う役割などを紹介します。

保育園で「学び」はない?

保育園は子どもを預かってもらう場所、幼稚園は教育を受ける場所というイメージを持っている人は意外に多いようです。

まず、定義・管轄の観点で見てみましょう。保護者の代わりに保育を行うことを目的とした施設である保育園は、「児童福祉施設」に位置づけられていて、厚生労働省の管轄となっています。対して幼稚園は学校と同様、文部科学省の管轄となっています。こうした制度上の違いによるイメージが強いのではないでしょうか。

管轄の違う保育園と幼稚園ですが、1963年の文部省・厚生省の共同通達では、「保育内容を同じとする」とされています。保育園の保育指針と幼稚園の教育要領が改定された2018年には、あらためて幼児教育機関として保育所も幼稚園も同じ教育内容とすることが記載されました。

保育園では0歳児から保育を行っているので、0~2歳児に関しては保育園のみの内容になりますが、3歳以上については保育園も幼稚園も目的や内容は同じとなります。