今使える支援を探そう!「新型コロナ対策支援ナビ」

子どもの食の安全を考える 傷みにくいお弁当作りのポイント

お弁当
子どものお弁当は、おいしいのはもちろんのこと、彩りよく、バランスよく、傷みにくいものを効率よく準備したいもの。子どものためのお弁当作りのポイントを紹介します!

傷みにくいお弁当作りのポイント

1)しっかり加熱
食中毒の原因となる細菌の多くは熱に弱く、加熱によって細菌を抑えることができます。火が中まで通りにくい卵焼きや火を通していない練り製品などは気を付けましょう。お弁当に入れるものは全て加熱するのがベストです。

2)素手で触れない
次に、食材に素手で触れないことが大切です。私たちの手には見えない細菌がたくさん付着しており、手洗いだけでは細菌を死滅できません。おにぎりはラップで包んで握り、おかずなども手で触れず清潔な菜箸を使って詰めましょう。

3)水気を出さない
細菌の大好物である水気を出さないことも重要です。水分を含んだ生野菜、汁気の多いおかず、多くの食材が混じり水分が多い炊き込みご飯なども控えましょう。彩りや仕切りに使うレタスなどの生野菜も側に温かい物や塩気のあるものを配すると水分が出てしまいます。食中毒が発生しやすい夏場は使用を控え、使用する場合は丁寧に洗ってキッチンペーパーでしっかり水気を拭いてから入れるのが鉄則です。また、温かい物や塩気のあるものが触れないようにしましょう。

4)冷ましてからお弁当箱に入れる
食材は必ず完全に冷ましてからお弁当箱に詰めましょう。温かいと水蒸気の水滴がたまり、お弁当が傷みやすくなります。

彩りよくバランスよくおかずを選ぶ

当然のことながら、お弁当は傷んでなければよいというものではありません。栄養バランスを整え、見た目も美味しそうに見えるお弁当のおかず選びのポイントは、「5色+白」の彩りを揃えること。各色味から素材を決めることで、おかず選びも効率的になります。

赤:にんじん、鮭、赤ピーマンなど
黄:玉子、とうもろこし、チーズ、さつまいも、カボチャなど
緑:ブロッコリー、ピーマン、きぬさや、紫蘇など
黒:のり、ひじき、わかめ、黒ゴマなど
茶:お肉、お魚など
白:ごはん、パン、じゃがいも、カリフラワー、レンコンなど

農林水産省補助事業 平成22年度食育実践活動推進事業「バランス弁当を作ろう」

全国の子育てタウン一覧