いつから?どうする?赤ちゃんの虫歯や歯のケア

2018年11月8日

生まれたばかりの赤ちゃんはまだ歯が生えていませんが、その時からできることもあります。歯は一生ものなので、親からのギフトとしてきちんとケアしてあげたいもの。確かな方法で小さなうちからケアしてあげましょう。

最初のケアはいつ?どうやって?

赤ちゃんの歯は個人差があるものの、生後3か月から9か月くらいに生え始めます。歯茎にむずがゆさがあって、気持ち悪く感じてぐずる、歯ぐずりがでる子どももいます。歯が生えてくるということは、虫歯のリスクが同時に起こるということです。赤ちゃんの歯茎に白くて硬いものが見え始めた時がケアの開始の時期と考えるのがよいでしょう。
歯が生える前や数本程度の乳歯が生えている時期は、赤ちゃんの食事は主に母乳なので、市販のガーゼや滅菌シートで拭き取る程度のケアで十分です。この時期に口に食事以外の何かを入れてケアすることに慣れておけば、歯ブラシへの移行もスムーズに行きやすいものです。粉ミルクを飲ませている場合は、乳糖以外の糖分も含まれていることもあるので、より虫歯になりやすい傾向があります。拭き取りを念入りにするようにしましょう。

子育てタウンへようこそ

こんにちは!
子育てタウンです!

「子育てタウン」には、子育てするうえで知っておきたい行政サービスがいっぱい! 子育てにがんばるママやパパの役に立つよう、 できるだけわかりやすい言葉・表現でお伝えしています。 行政サービスを使いこなして、子育てをエンジョイしてください。

全国の子育てタウン 行政サービスをしらべる

子育て応援情報

全国の子育てタウン一覧