いつから教える? ストローのおすすめ練習方法いろいろ

2019年3月6日

赤ちゃんは生まれて半年ほどで離乳食が始まります。そうなると飲み物もコップやストローで飲む機会が増えてきます。でも、ストローはいつから使えるようになればよいのでしょう?練習はどのぐらい必要?そんな疑問にお答えします。

ストローで飲めるようにするメリット

赤ちゃんがストローを使えるようになると、食事のお世話がぐっと楽になります。赤ちゃんに水分を与えるタイミングは難しいものですが、ストローを使えれば自分で水分が取れるようになるし、飲む量も自分で調節することができます。
お出かけ時でも、のどが渇いたら簡単に水分補給ができるうえ、哺乳瓶を持ち歩かない分、荷物が軽くなります。そして虫歯の予防メリットまであります。ストローを使って飲み物を飲むことで、口の中に残った食べかすをすっきり流してくれるからです。

いつごろから使えるようにすればいい?

じつは、ストローを使うのはいつからがよいという決まりはありません。早い子で離乳食に慣れてきた6か月ぐらいからチャレンジしているようで、だいたい1歳までには使えるようになるようです。
赤ちゃんの月齢に関係なく、すぐにコツをつかんで飲める赤ちゃんもいれば、できるようになるまで時間がかかる赤ちゃんもいます。焦らず、赤ちゃんの様子を見ながら、いいかなと思うタイミングでスタートしてみてください。

ちなみに一般的に販売されているストローマグは、「8か月から対象」と記載されているものが多いようです。

子育てタウンへようこそ

こんにちは!
子育てタウンです!

「子育てタウン」には、子育てするうえで知っておきたい行政サービスがいっぱい! 子育てにがんばるママやパパの役に立つよう、 できるだけわかりやすい言葉・表現でお伝えしています。 行政サービスを使いこなして、子育てをエンジョイしてください。

全国の子育てタウン 行政サービスをしらべる

子育て応援情報

全国の子育てタウン一覧