地域型保育への入所

[概要]

保育の必要な3歳未満のお子さんを対象とする「地域型保育」には、下記の4つの事業があり、市区町村ごとに地域の保育ニーズに合わせた保育サービスを実施することになっています。

<小規模保育>
利用定員6人から19人までの小規模な保育施設で、0歳から3歳未満のお子さんを対象に、家庭的保育に近い雰囲気で、きめ細かな保育を行います。

<家庭的保育>
市が認めた家庭的保育者や家庭的保育補助者が、少人数(定員5人以下)を対象に、保育者の自宅などで家庭的な雰囲気の中できめ細かな保育を行います。

<事業所内保育>
企業や病院などが従業員に対して仕事と子育ての両立支援策として実施するもので、従業員や職員の子どものほか、地域の保育が必要なお子さんも受け入れて、一緒に保育を行います。

<居宅訪問型保育>
お子さんの住み慣れた自宅などで、1対1を基本としたきめ細やかな保育を行います。

地域型保育の利用には、保育の必要性の認定(3号認定)を受ける必要があります。

保育の必要性の認定についてはこちら
※受け入れ月齢は施設・サービスにより異なります。
※保育料は、お子さんの世帯の所得状況などによって、市区町村ごとに決められた額になります。


自治体によって、行政サービスの名称や内容が一部異なる場合がありますので、詳しくはお住まいの自治体へお問い合わせください。

[お住いの自治体を探す]

子育てタウンへようこそ

こんにちは!
子育てタウンです!

「子育てタウン」には、子育てするうえで知っておきたい行政サービスがいっぱい! 子育てにがんばるママやパパの役に立つよう、 できるだけわかりやすい言葉・表現でお伝えしています。 行政サービスを使いこなして、子育てをエンジョイしてください。

全国の子育てタウン 行政サービスをしらべる

子育て応援情報

全国の子育てタウン一覧