今使える支援を探そう!「新型コロナ対策支援ナビ」

予防接種や乳幼児健診を受けそびれていませんか?

外出自粛要請期間は終わったけれど、赤ちゃんや小さい子どもを連れて医療機関や人混みには行きたくない…という理由などから、お子さんの予防接種や乳幼児健診を先延ばしにているというケースも多いようです。
厚生労働省では、「お子さまの健康が気になるときだからこそ、予防接種と乳幼児健診は、遅らせずに、予定どおり受けましょう」と受診を促しています。
では、受けそびれた予防接種や乳幼児健診はどうすればいいのでしょう?
厚生労働省サイトを参考に確認してみましょう。

予防接種や乳幼児健診を遅らせない方がいい理由は?

生まれて2か月から始まる予防接種は、お子さんが感染症にかかりやすい年齢をもとに、それぞれの予防接種について、接種する時期が決められています。予防接種を受けないということは、その時期にかかりやすい感染症から赤ちゃんを守ることができなくなってしまうので、避けたいことです。

乳幼児健診も、お子さんの年齢や月齢に合った成長具合や健康状態を確認したり、相談したりする良い機会です。医師や保健師さんなど専門家の定期的な確認でしか見つけられない問題点があるかもしれません。また、成長具合や健康状態について、日頃気になっていることや不安に思うことなどを専門家に相談できるのは、ママにとっても安心できることです。

予防接種や乳幼児健診に連れて行くのが不安です…

各医療機関では、換気や消毒の徹底など、新型コロナウイルス感染症の感染防止対策がされています。心配な場合は、対策方法などを問い合わせて確認してみましょう。
予防接種は事前に予約しておくことで、一般の受診患者さんとは別の時間や場所で受けられる配慮をしてくれる場合もあるようです。こちらも問い合わせてみましょう。

接種時期を逃してしまった予防接種は、後からでも受けた方がいい?

受けそびれた予防接種がある場合は、できるだけ早く受けましょう。
新型コロナウイルス感染症が流行してから、規定の期間内に予防接種を受けられなかった場合でも、公費接種を受けられる場合があるようです。
詳しくは、お住まいの自治体に問い合わせましょう。
受診していない乳幼児健診についても、かかりつけ医やお住まいの自治体に相談してみましょう。

遅らせないで!子どもの予防接種と乳幼児健診~新型コロナウイルス対策が気になる保護者の方へ~(厚生労働省サイト)

日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール(日本小児科学会サイト)

ビデオメッセージ集~妊婦のみなさま、小さなお子さまがいらっしゃるみなさまへ~(厚生労働省サイト)

全国の子育てタウン一覧