赤ちゃんを不意の事故から守るには


好奇心が旺盛な赤ちゃんや子どもは、身の回りのあらゆるものが事故の要因となります。
大人だけの暮らしでは気づかないような事故を認識して、赤ちゃんや子どもを事故から守るためにできることは何でしょう?
あわせて、緊急時に相談できる連絡先も確認しておきましょう。


赤ちゃんの事故ってどんなの?

残念ながら、乳幼児期の子どもの死因の多くを「不慮の事故」が占めており、この傾向は長年変わっていません。
0歳から4歳における事故要因の上位には、「窒息」「交通事故」「誤飲」「転倒・落下」などがあがってきます。これを見ても、大人の事故要因とはまったく異なること、そして、これらが子どものごくごく身の回りでいつでも起き得る事故であることがよく分かります。
代表的な事故要因をご紹介します。

洋服のリボンも注意!窒息防止策

最も怖いのが、赤ちゃんが寝ている枕や、やわらかい布団が原因の窒息事故です。やわらかい枕や敷布団は、赤ちゃんの頭や体が沈んでしまい、うつぶせになった際に口や鼻がふさがれることで窒息してしまうことがあるようです。新生児用の枕や布団はその点を考慮してありますが、手づくりのものなどに寝かせる時は充分な注意が必要です。また、赤ちゃんの枕元などに置いたぬいぐるみも窒息の原因になることが多いとか。また、カーテンや、スタイの紐、衣服のリボンなどが首にからまって窒息するという危険もあります。赤ちゃんを寝かせる時には、スタイを外すといった小さな対策も必要ですね。赤ちゃんを寝かしつけるために添い寝をしていたママやパパの体で、赤ちゃんを圧迫してしまうというケースもあるそうです。ベビーベッドや赤ちゃん布団で寝かせた方が安全だといえそうですね。

後5か月頃からは誤飲に注意

新生児は、親が与える物以外は口にしないため、誤飲による窒息事故はほとんどありません。誤飲事故が増えるのは2歳以上の幼児ですが、指でものをつかめるようになってくると、とりあえず口に入れて確かめるようになるので、注意が必要です。それが原因で時には中毒や窒息を引き起こすといった深刻な事態にもなりかねません。生後5か月頃からは、特にたばこやその吸殻の誤飲が増えてきます。最近では、おもちゃに使われるボタン電池や、スーパーボール、小さなマグネットなども問題になっているそう。複数の磁石の誤飲は、磁石が腸壁を挟んで引っ付き、腸閉塞を起こす恐れもあるそうなので、とても危険です。大人しくおもちゃで遊んでいるからと油断しないようにしましょう。また、大人の飲みかけのアルコールや、医薬品、洗剤、化粧品、ピーナッツやお菓子、包み紙のような小さなビニールなど、何げなく置いてあるものも子どもにとっては好奇心の対象です。このような事故は親が目を離した隙に発生するため、手の届く範囲に、赤ちゃんの口に入る大きさのもの、飲んで有害なものを置かないことを徹底しましょう。

わずか10㎝の水深も危険です

乳幼児は、体に比べて頭が大きく、力も弱く、頭から落ちると自分では起き上がることができない場合があります。そのため、鼻と口を覆うだけの水(わずか10cm)でも溺れてしまう可能性があるそうです。浴槽への転落事故がもっとも多い2歳までの赤ちゃんの転落を防止するために、その都度お湯を抜いておく、洗面器やバケツなどにも水を溜めておかないこと。一緒にお風呂に入っている時にも、なるべく子どもから目を離さず、常に注意を払うよう心がけることが大切です。洗濯機に溜めたままのお水にも注意しましょう。

よくある転倒・落下事故

乳児期には、ソファや大人用ベッド、ベビーキープ、階段などから、幼児期には、幼児用イスや自転車の補助イス、出窓などから転倒する例があります。まだそんなに動けないから大丈夫と思っていても、子どもは思っている以上に動くこと、安全だと思う状況でも何かの拍子にバランスを崩し転倒、転落などの可能性があることを頭に置き、目を離さないことが重要です。倒れた際に家具に頭や体をぶつけてけがをすることがないよう、鋭利な角部分はなくすなどの対策をとることも大切です。最近は抱っこひもが進化し、新生児の赤ちゃんもしっかりと包み込めるような工夫がされているとはいうものの、抱っこひもを付けたまま床の物を拾う時は手を添えるなどの配慮を忘れないようにしましょう。
ベビーカーやショッピングカートからの転落事故も屋外であるためとても危険です。ベビーカーにたくさんの荷物をぶら下げた場合は、バランスを崩し転倒しやすくなります。ショッピングカートの場合は、幼児席以外に子どもを立たせたりしないよう、安全に使用しましょう。

事故予防策の基本は「整理整頓」

当然ながら赤ちゃんは、危険なものとそうでないものの区別は自分ではつかないので、まわりがあらかじめ予防策をとるしかありません。部屋の中を見渡し、危険なものは取り除き、危険なものに触ることができないよう、柵やガードを付けるなどの対策が必要です。そして、事故防止の基本は、家の中をきれいに掃除し「整理整頓」をすることかもしれません。
少しでも事故を招きそうな要因を取り除き、子どもたちをのびのび遊ばせてあげましょう。

特集:子どもを事故から守る!プロジェクト(消費者庁サイト)
妊娠・出産・子育てに関する病院と救急連絡先
「乳幼児の事故防止教育ハンドブック」(東京都福祉保健局サイト)

子育てタウンへようこそ

こんにちは!
子育てタウンです!

「子育てタウン」には、子育てするうえで知っておきたい行政サービスがいっぱい! 子育てにがんばるママやパパの役に立つよう、 できるだけわかりやすい言葉・表現でお伝えしています。 行政サービスを使いこなして、子育てをエンジョイしてください。

全国の子育てタウン 行政サービスをしらべる

子育て応援情報

全国の子育てタウン一覧