今使える支援を探そう!「新型コロナ対策支援ナビ」

「歯磨きガーゼ」って何? 赤ちゃんの口内ケアの3ステップ


歯ブラシでごしごしやるのだけが歯磨きではありません。歯磨きが好きになるには、赤ちゃんの頃から丁寧にケアしてあげることが大切です。ここでは口内ケアのスタート時期や歯磨きガーゼの取り入れ方などを紹介します。

ステップ1 赤ちゃんの歯磨き準備

赤ちゃんの歯は、個人差はあるものの多くは生後6カ月頃になると下の歯から生えはじめてきます。ちょうど離乳食が始める時期とも重なるので、ママとしては「歯磨きを始めなくちゃ」と考えますよね。でも、いきなり歯ブラシを使って歯磨きを始めてしまうと、赤ちゃんはびっくりしてしまうだけでなく、歯磨き嫌いになってしまうかもしれません。赤ちゃんの歯磨きをスムーズに始めるためには、歯が生える前の段階からしっかり準備をしておくことが大切なのです。

準備しておくことは2つ。歯磨きするときの体勢に慣れてもらうことと、口の中を触られることを嫌がらないようにすること。最初はママが足を伸ばして座った体勢で、足の間に赤ちゃんを挟むようにして仰向けに寝かせて、上からママが覗き込んでみましょう。さらに手遊びをしながら、ちょん、ちょんと赤ちゃんの口に触れて、触られることに慣れさせていきましょう。

全国の子育てタウン一覧