「甘え」と「甘やかし」はどう違う?

2019年5月29日

乳児の頃を過ぎ、2歳から3歳といった幼児になってくると、徐々に自我が芽生え始めてきます。初めての子育ての場合、多くのパパママが迷うしつけの中で、「甘え」と「甘やかし」の違いについて紹介します。

子どもの「甘え」、どう受け止める?

幼児になると、だんだん自分で着替えたり、靴を履いたり、手を洗ったりということができるようになってきます。でも、「ママ、やって」「パパ、お願い」とお願いされることも。本当は自分でできるのだから、突き放して「自分でやりなさい」と言うべきか、やってあげるべきか、迷ってしまうパパママも多いことでしょう。子どもは自分でできることも、気分が乗らない時はやらないことがあります。急いでいる時にはイライラしてしまうこともありますが、時間のある時は叱らずに大きくゆったりと受け止めてあげるようにすると、パパやママの気持ちも楽になることでしょう。

子育てタウンへようこそ

こんにちは!
子育てタウンです!

「子育てタウン」には、子育てするうえで知っておきたい行政サービスがいっぱい! 子育てにがんばるママやパパの役に立つよう、 できるだけわかりやすい言葉・表現でお伝えしています。 行政サービスを使いこなして、子育てをエンジョイしてください。

全国の子育てタウン 行政サービスをしらべる

子育て応援情報

全国の子育てタウン一覧