今使える支援を探そう!「新型コロナ対策支援ナビ」

一生モノのプレゼント「名付け」。コツは?注意点は?


愛する子どもへの一生の贈り物になる「名付け」。親からの願いや思いを存分に込めるのはもちろんですが、一生モノとなると、いろいろ悩んでしまいますよね。そこで今回は、「名付け」のコツや注意点を紹介します!

名付けの考え方のコツは?

では、実際に名前を付ける際は、どのようなコツがあるのでしょうか。もし、まったく名前が思い浮かばないというパパママがいたら、次のようなポイントからイメージを膨らませてみてはいかがでしょう。
◇生まれてくる年・季節をイメージ
◇どんな願いを込めるか?
◇姓名判断
◇自然・植物・動物などからのイメージ
◇親やきょうだいから1文字取る

名付けの“考え方”にルールはありません。まずは、自分たちは何を大事にするのか(字画なのか、両親の漢字を使うことなのか、響きなのか等)を考えてみると、イメージがつきやすいでしょう。
毎年発表される、赤ちゃんのお名前ランキングなども参考になりそうです。パパママの世代にはあまりなかったような名前も登場しているかもしれません。名前にもトレンドがあります。名前を付ける際には、まずはこのようなランキングで、トレンドをチェックしておくのもいいですね。

出生届は生まれてから14日以内

そして、いよいよ赤ちゃんが生まれたら、14日以内に「出生届」を出す必要があります。
出生届は、14日を過ぎると「戸籍届出期間経過通知書」に届出が遅れた理由などを記入して、出生届とともに提出します。
この場合、過料が科されるケースもあるそうなので、必ず提出期限内に出すようにしましょう。
もし提出期限内に名前が決まらなかったら、一旦名前欄を保留もしくは空欄にし、あとから「追完届(ついかんとどけ)」で手続きすることが可能です。追完届の詳細は、お住まいの自治体に確認してみてくださいね。

使えない「漢字」や「意味」に要注意

「使えない漢字」や「名前の意味」には注意しましょう。名前に使えるのは「常用漢字表」と「人名用漢字表」に掲載されている漢字のみです。いくら好きな漢字だからと言っても、この2つの表にない漢字は使うことができません。また、日本語ではよい意味でも、外国語では悪い意味となってしまう名前もあるので、その辺りも気を配りたいところ。

名前は、生まれた赤ちゃんへ贈る、最初でかつ一生モノのプレゼントです。周囲の家族にも相談しながら、思いのこもった名前を贈ってくださいね。

「子の名に使える漢字」(法務省サイト)
「出生届」(子育てタウン)

赤ちゃん誕生の喜びを思い出に残す、今どきメモリアルグッズ

★子育てに役立つ情報★毎週更新中!