赤ちゃんの温泉デビューはいつから?

2018年9月25日


出産後、赤ちゃんとママの体調や生活のリズムが整ってくると、久しぶりに家族で温泉旅行にでも行って、ゆっくり体を休めたいと思うご家庭も多いのでは? でも赤ちゃんっていつ頃から温泉に入れるの?という疑問がありませんか?
そこで赤ちゃんの温泉デビューのタイミングや入れ方の注意点について紹介します。

温泉デビューのタイミング

まず、ベビーバスで沐浴する生後1か月未満の新生児期での温泉デビューは避けましょう。へその緒がとれておへそがしっかり乾燥し、大人と同じ湯船で入浴できるようになっていることがポイントです。また生後3か月頃までは乳児湿疹ができやすいため、赤ちゃんのお肌の状況もみて判断しましょう。一般的には腰がすわり、自分でおすわりができる生後6か月頃から連れて行くケースが多いようです。自分でおすわりができるようになれば、一緒に入るパパやママも負担が軽く、温泉を楽しむことができます。まだおすわりができない赤ちゃんと一緒に温泉に行く場合は、赤ちゃんは客室風呂や貸し切り風呂で体を洗って、パパと協力して順番に温泉を楽しむのをオススメします。

温泉の選び方

できるだけ刺激の少ない泉質を選んであげましょう。硫黄泉のようなにおいのきついもの、酸性泉のような肌に刺激を感じるものよりは、含有成分の量が一定量に達していない単純温泉がオススメです。単純泉とも呼ばれる単純温泉は、体にやさしい成分の薄い温泉なので、刺激が少なく高齢者や小さい子ども向きだと言われています。また重要なのがお湯の温度。体が小さい赤ちゃんはのぼせやすいため、熱い温泉は避けましょう。できれば客室風呂で温度調整が可能だったり、ベビーバスを用意してくれたりと、ぬるめに調整できるところがベストです。
なお、温泉施設によっては、年齢制限やオムツがとれていない赤ちゃんが入浴できないところもあります。事前に温泉施設に赤ちゃんの入浴が可能か確認をしておきましょう。

子育てタウンへようこそ

こんにちは!
子育てタウンです!

「子育てタウン」には、子育てするうえで知っておきたい行政サービスがいっぱい! 子育てにがんばるママやパパの役に立つよう、 できるだけわかりやすい言葉・表現でお伝えしています。 行政サービスを使いこなして、子育てをエンジョイしてください。

全国の子育てタウン 行政サービスをしらべる

子育て応援情報

全国の子育てタウン一覧