子ども乗せ自転車のルールと注意点

2017年8月10日

保育園や幼稚園の送り迎えに便利な自転車。しかし、しっかりルールを守って乗りこなさないと、思わぬ事故につながることも。そこで今回は、安全に自転車を乗りこなすためのルールと注意点をご紹介します。

抱っこはNG。自転車の定員と方法は、都道府県によって違う

街を歩いていると、後部座席に子どもを乗せている人、前後に子どもを乗せている人、抱っこ紐に子どもを入れて自転車に乗っている人など、様々なパターンを見かけます。じつは、自転車の定員と乗せ方は、都道府県によって異なるのです。例えば、親と子ども2人の合計3人で乗る場合、子ども1人をチャイルドシートへ乗せ、もう1人はおんぶでOKという地域もあれば、おんぶはグレーゾーンとされている地域もあります。知らずにルールを破っているようなことがないよう、ぜひ一度お住いの地域の「道路交通法施行細則」を確認してみてくださいね。なお、いずれの都道府県も「抱っこ」での同乗は禁止されているようですので(抱っこ紐を使ってもNG!)ご注意を。

自転車の交通ルール(警視庁サイト)
埼玉県道路交通法施行細則(自転車関係)について(埼玉県サイト)
自転車の幼児用座席をお使いのみなさんへ(神奈川県警察サイト)

子育てタウンへようこそ

こんにちは!
子育てタウンです!

「子育てタウン」には、子育てするうえで知っておきたい行政サービスがいっぱい! 子育てにがんばるママやパパの役に立つよう、 できるだけわかりやすい言葉・表現でお伝えしています。 行政サービスを使いこなして、子育てをエンジョイしてください。

全国の子育てタウン 行政サービスをしらべる

子育て応援情報

全国の子育てタウン一覧