「フリーランス」という働き方のメリット・デメリット

2019年3月13日


会社員ママの中には、毎日通勤しながら子育てをすることに、大変さを感じている人もいるでしょう。そんな時によく選択肢として上がってくるのが“フリーランス”という働き方です。では、フリーランスとは本当に働きやすいのでしょうか。メリット・デメリットを紹介します。

フリーランスとは?

「フリーランス」とは、会社に雇われることなく、自分自身が事業主となる働き方のことです。少し前までは、フリーランスと言うと「ライター」「デザイナー」「フォトグラファー」など技術職が多いイメージがありましたが、最近は「広報」「人事」「マーケティング」など総合職系の仕事にも幅が広がってきているようです。「クラウドソーシング」や「フリーランス向けお仕事紹介サービス」も登場してきていることから、比較的参入のハードルは下がってきていると言えるでしょう。

フリーランス=在宅ワークとは限らない

「フリーランス」と言うと、「在宅ワーク」というイメージを持っている人もいるかしれませんね。確かに、働く場所を選ばないケースが多く、その場合は、自宅、コワーキングスペース、シェアオフィスなど、自分の好きなところで仕事をすることができます。しかしその一方で、職種や仕事内容によっては、会社に出社して仕事をすることを求められるケースもあります。その場合は、もちろん通勤も発生しますし、子どもの急な病気への対応も難しくなるケースがあります。必ずしも「フリーランス=在宅ワーク」とは限らないので、仕事選びの際は注意が必要です。

子育てタウンへようこそ

こんにちは!
子育てタウンです!

「子育てタウン」には、子育てするうえで知っておきたい行政サービスがいっぱい! 子育てにがんばるママやパパの役に立つよう、 できるだけわかりやすい言葉・表現でお伝えしています。 行政サービスを使いこなして、子育てをエンジョイしてください。

全国の子育てタウン 行政サービスをしらべる

子育て応援情報

全国の子育てタウン一覧