今使える支援を探そう!「新型コロナ対策支援ナビ」

知っておきたい! 高額療養費制度

知っておきたい! 高額療養費制度
医療費の自己負担額が上限を超えたとき、払い戻しを受けられる「高額療養費制度」。妊娠中や出産時のトラブルに備え、この制度の内容や対象となるケース、申請方法などについてチェックしておきましょう。

「医療費自己負担額の上限設定」「医療費の家計負担軽減」が目的

高額療養費制度とは、同一月(月の1日から末日まで)に支払った医療費の自己負担額が高額になった場合、申請すると一定の金額(自己負担限度額)を超えた分のお金が戻ってくる制度です。

自己負担限度額は年齢や所得によって異なり、69歳以下の場合、おおまかな年収の目安とひと月あたりの限度額は次のようになっています。

【年収約1,160万円〜】
ひと月あたりの自己負担限度額/252,600円+(総医療費-842,000)×1%

【年収約770〜1,160万円】
ひと月あたりの自己負担限度額/167,400円+(総医療費-558,000)×1%

【年収約370〜約770万円】
ひと月あたりの自己負担限度額/80,100円+(総医療費-267,000)×1%

【〜年収約370万円】
ひと月あたりの自己負担限度額/57,600円

【住民税非課税者】
ひと月あたりの自己負担限度額/35,400円

この区分における「年収」とは、「加入者本人(被保険者)の年収」です。夫婦のどちらかが相手の扶養に入っている場合、共働きの夫婦がそれぞれ別の健康保険に加入している場合も合計ではなく「被保険者ごとの年収」となります。