自然な卒乳を目指したい! みんなどうしてる?

2019年3月29日


子どもが自分からおっぱいを飲むのをやめることを「卒乳」と言います。無理におっぱいをやめさせる断乳と比べると、子どもにとってもママにとっても理想的な卒乳。どのように進めればよいのかコツを紹介します。

卒乳のメリット、デメリット

卒乳の時期は子どもによってそれぞれです。2歳になっておっぱいを欲しがっていても、きちんと食事がとれて体が成長している状態であれば吸わせていて大丈夫。授乳は子どもにとって安心感が得られるママとのコミュニケーションの側面もあるからです。

卒乳のメリットとしては、子どもにとって精神的な負担が少なく、ママもおっぱいが張りすぎたり乳腺炎になったりするリスクが少なくなります。
デメリットとしては、授乳のやめるタイミングを子どもの意向に合わせるため、いつやめられるのかわからない点です。授乳を続けていると、服薬、カフェインやアルコールの摂取などへのケアが続きます。次の妊娠を考えていたり、仕事が始まる場合などは、卒乳に向けて計画的に進める必要が出てくるかもしれません。その場合は、子どもが納得しておっぱいを卒業できるよう、子どもの状況を見ながら子どもと一緒に進めていきましょう。

子育てタウンへようこそ

こんにちは!
子育てタウンです!

「子育てタウン」には、子育てするうえで知っておきたい行政サービスがいっぱい! 子育てにがんばるママやパパの役に立つよう、 できるだけわかりやすい言葉・表現でお伝えしています。 行政サービスを使いこなして、子育てをエンジョイしてください。

全国の子育てタウン 行政サービスをしらべる

子育て応援情報

全国の子育てタウン一覧