今使える支援を探そう!「新型コロナ対策支援ナビ」

病児・病後児保育

[概要]

普段は保育園などに通っているお子さんが、下記の病気やけが等で集団保育が難しく、保護者が就労などによって保育を行うことができない場合、病児・病後児保育を行っている施設で一時的にお預かりしています。

<対象疾患>
感冒、消化不良症(感染性胃腸炎)等、お子さんが日常罹患する疾患や感染性疾患(麻疹、水痘、風疹等)、喘息等の慢性疾患および骨折等の外傷性疾患など
なお、病児・病後児保育の利用料は、「幼児教育・保育の無償化」の対象です。

自治体によって、行政サービスの名称や内容が一部異なる場合がありますので、詳しくはお住まいの自治体へお問い合わせください。

幼児教育・保育の無償化についてはこちら

[お住いの自治体を探す]