わたしは幼保無償化の対象?「幼保無償判定ナビ」をご活用ください。

出産費用が出産育児一時金支給額より安かったら差額はどうなる?

「実際に支払った出産費用が出産育児一時金の支給額以下で、安く出産できた」という話を耳にすることがあります。こういった場合でも出産育児一時金は通常通りの申請を済ませば、規定通り(満額40.4万円あるいは42万円)の額面で給付されることになっています。
なお、健保組合が直接、出産された医療機関に対して出産育児一時金を支払う「直接支払制度」を利用した場合でも、生じた差額分の請求を申請すれば、差額の受け取りが可能となります。出産後は忙しい毎日が続きますが、忘れず申請しましょう。

一覧に戻る

子育てタウンへようこそ

こんにちは!
子育てタウンです!

「子育てタウン」には、子育てするうえで知っておきたい行政サービスがいっぱい! 子育てにがんばるママやパパの役に立つよう、 できるだけわかりやすい言葉・表現でお伝えしています。 行政サービスを使いこなして、子育てをエンジョイしてください。

全国の子育てタウン 行政サービスをしらべる

子育て応援情報

全国の子育てタウン一覧