パソコンやスマホでの支払いが社会貢献につながる?!

銀行の窓口まで出向くのが面倒だった「税金」や「公共料金」の支払い方法を Pay-easy(ペイジー)などの電子納付に切り替えることで、忙しいパパやママの手間を省くだけではなく、知らず知らずのうちに、それが社会貢献にもつながる!ということをご存知ですか?


「いつでもどこでも」決済は、便利な暮らしの大きな味方

パソコンやスマホで支払いができるPay-easy(ペイジー)やインターネットバンキングは24時間いつでもどこでも支払いができる強い味方。これらを利用すると、わざわざ銀行に出向き、混雑した窓口に並ぶ手間が省けるだけではなく、自分の都合のよい時間に支払いが完了できるとあって、注目されています。毎日が忙しいパパやママにとっては、ストレスフリーな上に時間が有効に使えると、良いことずくめ。口座振替など、より確実な方法を選べば、支払い漏れや延滞リスクも軽減します。

Pay-easy(ペイジー)って何?(外部サイト)

税金や公共料金の支払いが間に合わない!? そんな時はPay-easy(ペイジー)が強い味方!

支払いのデジタル化は、社会全体の業務効率にもつながる

では、社会貢献に繋がるとはどういうことなのでしょう?
まず、電子納付など支払いをデジタル化することによって、書類のやりとりがぐっと減ります。それにより、金融機関や自治体の窓口業務も省力されます。つまり、私たち支払う側だけでなく、支払いを処理する側の手間も大きく改善されることになるのです。これらの改善が社会全体の生産性向上をうながし、少子高齢化による人手不足にも貢献すると言えるのです。
こうした一歩により、社会でよりよい労働環境が生まれ、最終的には、「私たちがいきいきと働ける環境が整う」ということに繋がっていくというわけです。
また、大幅な紙の削減は自然保護にも一役買っています。森林伐採を少しでも減らすことで自然破壊にブレーキをかけつつ、エコロジカルな社会の実現を目指していけそうです。

将来的には80%がキャッシュレス決済に?

税金の支払いだけではなく、利用者が増え続けている「キャッシュレス決済」。
2018年4月に経済産業省が掲げた「キャッシュレス・ビジョン」によると、「支払い方改革宣言」として、現在20%程度のクレジットカードやデビットカード、電子マネーなどによる国内のキャッシュレス決済比率を、大阪・関西万博開催の2025年までに40%程度、そして将来的には80%を目指し、環境整備を進めていくといいます。
キャッシュレス決済をすることで、企業などの生産性の向上や、働く人たちのワークバランスの向上、第32回オリンピック競技大会(2020/東京)・東京2020パラリンピック競技大会、大阪・関西万博(『2025年日本国際博覧会』)を始めとする訪日外国人対策、私たち消費者の利便性、そして自然保護にまでつながるのであれば、立派な社会貢献になりそうです。
何はともあれ、支払う側も支払いを処理する側も、この計画で生み出される新しい時間など、社会全体にゆとりが生まれるのなら、嬉しいですね。

キャッシュレス・ビジョン(経済産業省サイト)(PDF形式:6.82 MB)

スマホが「税金の支払いうっかり忘れ」のピンチを救う?!

パソコン、スマートフォン(スマホ)での支払いなど便利な使い方はもちろん、パパママが便利に使える暮らしのデジタル化についてマンガでわかりやすくご紹介しています。詳しくはこちらから

子育てタウンへようこそ

こんにちは!
子育てタウンです!

「子育てタウン」には、子育てするうえで知っておきたい行政サービスがいっぱい! 子育てにがんばるママやパパの役に立つよう、 できるだけわかりやすい言葉・表現でお伝えしています。 行政サービスを使いこなして、子育てをエンジョイしてください。

全国の子育てタウン 行政サービスをしらべる

子育て応援情報

全国の子育てタウン一覧