今使える支援を探そう!「新型コロナ対策支援ナビ」

チャイルドシート新安全基準「R129/i-SIZE(アイサイズ)」は 何が変更になったの?

ISOFIX(アイソフィックス)チャイルドシートで、初めて取り付ける人も安心

チャイルドシートは従来、取り付けが複雑だったり、シートベルトを利用して取り付けたりしていたので、チャイルドシート自体をしっかり固定できない場合もあり、安全性に課題がありました。そこで、誰でも簡単にチャイルドシートと乗用車の固定金具を連結するだけで取り付けられてがっちり固定できる「ISOFIX(アイソフィックス)」への対応が、2012年7月以降の発売の車に義務化されました。

「R129/ i-SIZE」のチャイルドシートはもちろんISOFIXなので、初めて取り付ける人も装着のミスなく使うことができます。
ただし、2012年7月より前に発売された車の場合はISOFIXに対応していないので、ISOFIX対応チャイルドシートを購入する際は、メーカーの車種適合表を必ず確認しましょう。

「R129/ i-SIZE」の導入は2017年からスタートしていますが、Webフリマなどの普及で、ユーズドを賢く利用するケースも増えていると思います。ユーズド利用する場合は、チャイルドシートの発売時期を、購入する場合は新安全基準の「R129/ i-SIZE」を意識して選び、赤ちゃんの車での安全を確保するようにしましょう。