今使える支援を探そう!「新型コロナ対策支援ナビ」

2022年4月から不妊治療への保険適用が始まりました

保険適用により「高額療養費制度」も利用可能に

さまざまな不妊治療が保険適用の対象となり、保険診療に関する窓口での負担額は治療費の3割になりました。先進医療を除く保険適用の治療費が高額になった場合は、自己負担限度額を超えた分が戻ってくる「高額療養費制度」を利用することもできます。

なお、不妊治療の保険診療を受けられるのは全国の指定医療機関となっています。
指定医療機関に関する最新の情報は厚生労働省Webサイトまたは各実施主体(都道府県、指定都市、中核市)のサイトで確認しましょう。
【厚生労働省】不妊治療に関する取組