今使える支援を探そう!「新型コロナ対策支援ナビ」

10月1日施行「産後パパ育休」に注目! 2022年4月から「育児・介護休業法」が改正

10月1日施行「産後パパ育休」に注目! 2022年4月から「育児・介護休業法」が改正
2021年6月に「育児・介護休業法」が改正され、2022年4月1日より順次施行されます。働く子育て世代をサポートする法改正の最新情報をチェックしていきましょう。

育児休業の環境整備でワーク・ライフ・バランスを実現

「育児・介護休業法」の正式名称は、「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律」。仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)を実現し、育児や介護によって離職することなく働き続けられる社会を推進するための法律です。

2021年6月の改正はとくに育児休業の分野に重点がおかれ、男女ともに育児休業を取得しやすい環境づくりを目的とした内容となっています。

おもな改正のポイントは、次の4つです。

■2022年4月1日施行
(1)雇用環境、個別の周知・意向確認の措置の義務化
(2)有期雇用労働者の育児・介護休業取得要件の緩和

■2022年10月1日施行
(3)産後パパ育休(出生時育児休業)の創設
(4)育児休業の分割取得

■2023年4月1日施行
(5)育児休業取得状況の公表の義務化

ここでは(1)~(4)について詳しくみていきましょう。