今使える支援を探そう!「新型コロナ対策支援ナビ」

妊産婦の歯科健診のQ&A

Q. 妊産婦の歯科健診とは

Answer.

妊娠中や産後は女性ホルモンの分泌の変化や食事回数の増加などから虫歯や歯周病になりやすく、進行しやすい時期です。 歯科健診にかかる費用の助成があります。赤ちゃんが生まれた後に歯医者さんに通うのは大変です。 体調が良い時にぜひ健診を受けて、歯とお口の健康を守りましょう。 (参考) 妊産婦歯科健診(北九州市サイト)

Q. 妊産婦の歯科健診が必要な理由は?

Answer.

妊娠中は心と体が大きく変化します。特につわりがある間は食生活が乱れたり、満足に歯磨きができないなどの理由から、お口の環境が悪くなりがちです。 もし虫歯になってしまった場合は、妊娠中は積極的な薬の服用が難しくなるため、痛みの出ないうちに治療することが必要になってきます。 また出産後は赤ちゃん中心の生活で、どうしても自分のことは後回しになりがちです。さらに、 お母さんのお口の中に虫歯菌が多いと、唾液を通して赤ちゃんにも虫歯菌を感染させてしまう恐れがあります。このような理由から、生まれてくる赤ちゃんのためにも、早めに虫歯を発見し治療することが大切です。 (参考) 妊産婦歯科健診(横浜市サイト)

Q. 妊産婦の歯科健診を受けるべき時期は?

Answer.

一般的には妊娠初期は避け、安定期に入った16週から28週頃がよいとされています。 逆に、妊娠28週を過ぎてしまうと、今度はお腹が大きくなり、歯科の椅子を倒した際に、仰臥位性低血圧(お腹が圧迫され苦しくなったり気分が悪くなってしまう症状)を起こしてしまう恐れがあります。 また仮に、虫歯が見つかった場合でも、安定期に入ってすぐに受診すれば、お腹が大きくなる(妊娠後期)前に治療を終えられる可能性が高くなります。 ご自分の体調に合わせて、安定期に入ったら積極的に歯科検診を受けるようにしましょう。 (参考) 妊産婦の歯科健康診査

Q. 妊産婦の歯科健診の費用は?

Answer.

多くの自治体が妊産婦歯科検診の助成を行っているので、無料で受けられるケースが多いです。 自治体によっては、歯科検診のほかブラッシング指導や交流会などを行う歯科教室を無料で行っている場合もあります。 妊産婦歯科検診の助成や、歯科教室の開催については、まずは、お住まいの自治体に確認してみましょう。 自治体での助成がない場合は、歯科医院の健診を利用しましょう。 その場合は、おおむね1,000円から5,000円くらいなとど、歯科医院によりバラつきがあります。 いくつか問い合わせをしてみるといいですね。 妊婦歯科健康診査(横浜市サイト)

Q. 妊産婦の歯科健診はどこで受ける?

Answer.

お住まいの自治体で、妊産婦歯科検診の助成を行っている場合、健診をする歯科医院が指定されていることが多いです。 一般的には母子手帳交付時に、歯科検診の補助券、実施している指定歯科医院の一覧が一緒に配布されま。 きちんと確認しておきましょう。 また、自治体で助成を行っていない場合は、かかりつけ医やお近くの歯科医院に、検診内容や費用を問い合わせてみましょう。 その際は必ず妊娠中であることを告げ、当日は母子手帳を持参するようにしましょう。

Q. 妊産婦の歯科健診、そもそも妊婦が受けても大丈夫?

Answer.

もちろん大丈夫です。妊婦さんの歯科検診のチェックポイントは大きく3つあります。 まずひとつ目は「虫歯」。特に妊娠初期はつわりにより、胃酸が歯にかかり、虫歯になりやすくなります。まずはしっかりと虫歯をチェックし、虫歯があれば治療をしていきます。 2つ目は「歯石」。歯石は歯周病の原因になります。歯周病は早産の原因にもなるとも言われているため、妊娠中は特に注意が必要です。 そして3つ目は、歯茎の「炎症」。妊娠中はホルモンバランスが崩れやすくなるため、炎症が起きやすくなります。検診ではこれらを中心に確認し、万が一異常があれば、引き続き治療をしていきます。

Q. 妊産婦の歯科健診で虫歯があった場合、治療はできる?

Answer.

安定期での治療であれば、ほとんど問題なく進められるとされています。 例えばレントゲンを不安に思う方もいるかも知れませんが、歯科医院でのレントゲンは、鉛でできたエプロンを着用したうえで歯の部分のみを写すものですので、ほとんど心配はいらないそうです。 また「麻酔」も、歯科治療で使用する麻酔は、無痛分娩で使用する麻酔と同じもので、かつ局所麻酔であるため必要以上に不安に思うことはありません。 一方、親知らずの抜歯や外科的処置(インプラント治療等)など、妊娠中は避けたほうがよい治療もあります。 大事なのは、必ず事前に「妊娠中」である旨を医師に伝え、心配なことは随時相談しながら進めることです。